休日をポジティブに過ごそう!

あなたの今年のお盆休みは何日でしたか?

多くの人は今日16日がお盆休みの最終日ですね。

実家に帰省したり、旅行に行ったりと楽しく過ごした方も多いと思います。

でも、明日からの仕事を考えるとちょっと憂鬱な気分になってませんか?


こんにちは、ポジティブな生き方で、人生も仕事も充実させ、幸せと成功へと導くメンタルトレーナーの長沢です。

今日、新しい気付きや心動くこと見つけましたか?

自分の強みを生かしながら、モチベーション高く、前向きに、そして、ワクワクしながら、自分で考え行動し、ポジティブで健康な心で生きられるサポートをしています。

今日は、明日からの仕事再開に向けてちょっと憂鬱な気分なあなたに、仕事にパッと簡単に戻る方法をお教えします。

ではどうぞ。

できるだけ日課を崩さないとか知ってますけど・・・!

「休日もできるだけいつもの日課を崩さないように生活すること」が休日明けのしごとを楽にすると言われてもあなたは驚かないでしょうし、そんなことは知ってますと言うかもしれません。

「早寝早起きをして、太陽の陽を浴びながら朝散歩で体内時計とリセット」することおが仕事への活力を生むことはもうだれでもしってることです。

他にもあなたは、いろいろなストレス解消方法を学び、休日の過ごし方を知っているかもしれません。

でも、そんな「常識」や「知識」を知っていても今の憂鬱を解消し明日からの仕事を迎えることは簡単なことではないですよね。

知識や常識は、知っていて損はないことですが、行動をともわなければ、多くの場合はほとんど意味がないのです。

常識や知識通り行動することは難しい

とは言え、殆どの場合は常識や知識のとおり行動するなんてことは最も難しいのです。

それはあなたが一番わかっていますよね。

また、専門家と言われる人たちも同じです。心理学者や心理トレーナーたちがいつもポジティブとはかぎりませんし、医者に太った人が多いのも事実です。

休日明けが辛いのは知っているので、そうならないようにしようと思っていても結局は、昼まで寝ていたり一日何もしないでぼーっとしてしまったりするのです。

そして、毎度同じように明日仕事再開だと言う前の晩に後悔で思い悩むのです。

多くの人は意志力で頑張ろうとして失敗する

多くの人は、休日に良い行動を意志力でなんとかしようとします。

これはすでに何回もお話してきたように、「心を強く持って」頑張れば頑張るほど失敗します。

なぜなら、意志力いうのは、使えば使うほど弱まるからです。

そしてもう一つの理由は、人はすぐに古い習慣、一番楽な方を選ぶからです。

具体的な例では、

休日にはやりたいことがたくさんあるのに、結局何もできずに過ごしてしまったことってありますよね。

朝起きたら、いつものようにテレビのスイッチを付けてしまったため、ついついダラダラと見てしまい、気がついたら計画していたことができなかった。

これはなにもしないことが最も簡単で楽な方法でだからです。そのうえ、この何もしない時間というのは決して楽しいものではないですよね。

休日の行動というのは、学校や職場と違い強制力がなく、自分の力で奮い起こさなければならないので、ついつい最も簡単で楽な方を選んでしまうんです。

この簡単な方を選んでしまうという行動を変えるということは実は信じられないほど難しいんです。

でも今日はそれを変える簡単な方法を紹介します。

最初が肝心

楽な方を選ばないためには、まずは最初が肝心です。

ここだけは、ちょっと努力が必要になります。

何をするにも、最初にしなければならないことってありますよね。

テレビを見るならリモコンをつけるとか、ドライブに行くなら車庫から車を出すとかです。

この最初の努力の部分を簡単にしたり難しくしたりすることで、休日の過ごし方を変えることができ、休日明けの仕事へも意欲的に迎えるようになるんです。

別な言い方では、行動の「ハードルを作る」とか「20秒ルールを設ける」という言い方がされます。

例えば、テレビを見ないようにしたなら、テレビを見るための最初の行動のハードルを高くすればよいということです。

リモコンの電池をとっておくとか、テレビの電源を切っておくなど、簡単な方法とならないようにするんですね。

逆に、取り組みたいことは最初の努力のハードルを下げることが大切です。

ギターの練習をしたいということなら、チューニングしてギタースタンドに立てた状態で、いつもいる部屋や居間においておくようにするなどが考えられます。

このようにやりたい行動に簡単に移れる方法を考えておくこととやめたい行動(簡単に流される行動)の取り掛かりのハードルを高くしておくということです。

まとめ

休日明けにパッと仕事に戻る方法は、休日の過ごし方にあります。

できるだけ、普段の生活と変わらない日課でポジティブに過ごすことです。

でも、いうほど簡単なことではありませんよね。

毎日のストレスや疲労から一日何もしたくなります。結局一日の大半をソファーの上で横になりテレビを観てすごしてしまう、という週末が習慣になってしまっている方が多いですよね。

 

今日紹介した方法は、仕事や勉強においても応用できるので是非試してくださいね。

仕事でも勉強でも時間はしっかりと使っているけれど効率が上がっていないという時には、どこかに楽にできる行動に流されている可能性がとても大きいので、ぜひ確認してください。

特に、忙しい忙しいと口癖になっているような状態のときは要注意ですよ。そんなときは仕事の見直しサインです。

ぜひ休日の悪しき習慣を改めて、休日明けからバリバリ、いきいきと前向きに生活して下さいね。

ではまた。

関連記事

  1. すぐに落ち込む?原因と対処法あります

  2. 不安や悩みからの開放は思い込みを捨てることから

  3. マインドフルネスで心を整えよう!

  4. 考え方の癖に気づけば心が軽くなる

  5. サザエさん症候群から抜け出す方法

  6. 飲酒でストレス発散はできない! ストレス発散法を5つ解説

朝活学習会In札幌情報

 

 

次回の第55回朝活学習会は
9月18日(日)
9:00~

詳しくはこちらから

 

研究所通信を読む

研究所通信は、週2回発行されています。

 

どなたでも無料で読むことができます。

 

ブログでは書ききれなかったことや
特別支援教育やレジリエンス教育に
関する新しい情報が載っています。

 

通信を読んでみる

 

通信が、迷惑メールに入って

いないか確認してね。

 

LINE公式アカウント

 

気軽に登録して、いろいろ質問してみてください。いろいろな情報も届きます。

 

友だち追加

最近の記事

人気の記事 おすすめ記事

代表ツイッター

PAGE TOP