レジリエントな言葉「夢はその人が・・・・」

今日は、久しぶりにレジリエントな言葉を
お送りします。

こんにちは、ポジティブな生き方で、人生も仕事も充実させ、幸せと成功へと導くメンタルトレーナーの長沢です。

今日、新しい気付きや心動くこと見つけましたか?

自分の強みを生かしながら、モチベーション高く、前向きに、そして、ワクワクしながら、自分で考え行動し、ポジティブで健康な心で生きられるサポートをしています。

最近、有名なファッションデザイナーたちの訃報を耳にすることが多かったですよね。

有名なファッションデザイナーの方たちって、映画にの題材として使われていることってとても多いんですよ。

なので、最近ついつい、関連する映画を観返す機会が増えました。

「プラダを着た女」など、デザイナー本人ではなくてもブランド名が使われたるすることもあります。

「夢はその人が死んだ後も生き続ける」

特に、この言葉を残した方は、人生そのものが波乱万丈です。人生そのものが映画です、と言っても良いくらいです。

僕は、この言葉を読んだときの印象は、明治維新の時代、坂本龍馬などの志士たちの言葉かと思いました。

でもよく知っていくと、なるほどなといくつもの共通点も感じます。

さて、この言葉、

誰の言葉かわかりますか?

答えは、
「シャネルスーツ」で有名な「ココ・シャネル」です。

「実際にどう生きたかということは、たいした問題ではないの。大切なのはどんな人生を夢見たかということ。なぜって、夢はその人が死んだ後も生き続けるのですから。」

 

ココ・シャネルは他にも、レジリエントな言葉を残しています。

「天分は持って生まれるもの。才能は引き出すもの」

「私は流れに逆らって泳ぐことで強くなった。」

 

どうですか?

 

まさにレジリエントな言葉ばかりです。

 

ココ・シャネルは、このように名言の多い方としても有名です。

ココ・シャネルという人

ココ・シャネルは、1971年、87歳で亡くなりました。

亡くなっても、

スパイ容疑をかけられたりしたことや大2次大戦中、ドイツへの協力やフランスへの裏切り行為をしたことなどによって母国フランスでの埋葬を拒否されています。

結局、亡命先のローザンヌの墓地に埋葬されたそうです。

 

本当のことはわかりませんが、彼女も、本当の女性解放を夢見た一人なのではないかと、僕は思っています。

まとめ

ココ・シャネルは、コルセットが全盛だった時代に、その窮屈さに女性たちが苦しんでいることを変えるために、イギリスの紳士服の仕立てや生地を女性服に応用しました。

そして、あの有名な「シャネルスーツ」を作り出しました。

今日のレジリエントな言葉からは、どんな困難にも諦めず挑戦し続けることの大切さや諦めないことが唯一成功へとつながる道だということを教えてくれますね。

 

ではまた。

関連記事

  1. 諦めたらそこで成長は止まる!!

  2. ネガティブ感情は悪者か?

  3. 人は見た目も大事ですよ!

  4. 成功のための法則

  5. スポーツ選手に学ぶ逆境を乗り越える力と方法

  6. ポジティブに生きることの大切さ

朝活学習会In札幌情報

 

 

次回の第55回朝活学習会は
9月18日(日)
9:00~

詳しくはこちらから

 

研究所通信を読む

研究所通信は、週2回発行されています。

 

どなたでも無料で読むことができます。

 

ブログでは書ききれなかったことや
特別支援教育やレジリエンス教育に
関する新しい情報が載っています。

 

通信を読んでみる

 

通信が、迷惑メールに入って

いないか確認してね。

 

LINE公式アカウント

 

気軽に登録して、いろいろ質問してみてください。いろいろな情報も届きます。

 

友だち追加

最近の記事

人気の記事 おすすめ記事

代表ツイッター

PAGE TOP