『ぼくと魔法の言葉たち』

ドキュメンタリー映画『ぼくと魔法の言葉たち」

監督:ロジャー・ロス・ウィリアムズ

原作:『ディズニー・セラピー 自閉症のわが子が教えてくれたこと』

出演:オーウェン・サスカインド、ロン・サスカインド、コーネリア・サスカインド

ウォルト・サスカインド

2016年 アメリカ/英語 91分

日本語字幕:松浦美奈

後援・字幕監修:一般社団法人日本自閉症協会

あらすじ

自閉症のオーウェンは、2歳の時言葉を失います。

6歳のある日、父親が、オーウェンの発する言葉が

彼が、大好きで毎日ビデオが擦り切れるほど観ていたディズニー映画のセリフだと気づきます。

父親がでディズニーのキャラクターになりきり語り掛けると、オーウェンが返答しました。

こうして、家族のサポートのもと、言葉や社会との向き合い方など、

ディズニー映画を通して学んでいきます。

様々なエピソードを交えながらオーウェンが自立していくまでの姿を感動的に描いた

傑作ドキュメンタリー映画です。

カテゴリーとキーワード

特別支援教育 自閉症 言葉 自立 兄弟

子どもを愛しぬく親と兄の家族愛。

諦めないきずなの強さと力強さに感動しました。

また、兄ロンの葛藤、親亡き後の問題への苦悩は、

同じように日本でも兄弟の問題として共感できるものです。

さすがにアメリカということなのか、自立を支えるサポートがすごいと思いました。

日本が見習うべきところは、この辺りにあるなと感じました。

それぞれが、プロとしての意識が高く互いに尊重しあっています。

まだまだやるべきことはたくさんあるな~~~。

関連記事

  1. 映画『えんとつ町のプペル』で泣けるか?

  2. 『奇跡の子どもたち』

  3. 『ジョジョ・ラビット』公式サイトから掲載

    困難な中にあっても笑いは生きる喜びを与えてくれる!

  4. 大人の愛着障害の症状や治療法がよく分かる!映画『母さんがどん…

  5. 日本の今と未来を映し出す映画『わたしは、ダニエル・ブレイク』…

  6. 映画『12か月の未来図』を観て考えた 人間関係の悩みと解決法…

朝活学習会In札幌情報

 

 

次回の第47回朝活学習会は
7月18日(日)
9:00~

詳しくはこちらから

 

研究所通信を読む

研究所通信は、週2回発行されています。

 

どなたでも無料で読むことができます。

 

ブログでは書ききれなかったことや
特別支援教育やレジリエンス教育に
関する新しい情報が載っています。

 

通信を読んでみる

 

通信が、迷惑メールに入って

いないか確認してね。

 

LINE公式アカウント

 

気軽に登録して、いろいろ質問してみてください。いろいろな情報も届きます。

 

友だち追加

最近の記事

人気の記事 おすすめ記事

代表ツイッター

PAGE TOP