やる気のない部下に困ってる?やる気のない人のモチベーションを上げるおすすめの方法!

こんにちは、ストレス社会で毎日ストレスにさらされ心痛め、心が折れ職場をやめたり、命を落とす人を一人でもなくしたいという思いから、強いストレスにさらされても心折れることなく、柔軟でしなやかな心をつくる手助けをしているレジリエンストレーナーの長沢です.

職場で責任ある立場になったとき、「部下が自分の思っているように動かない」、「部下にやる気がない」ということが悩みの上位に上がるそうです。あなたはどうですか?

今日は、やる気がない人のモチベーションを上げる方法を解説しました。あなたの職場の人間関係の改善に役立てば嬉しいです。

価値観の違いを理解しよう

職場には、違う年代が集まっています。あなたが責任ある立場にいるということは、部下の多くはあなたより年下になると思います。あなたは年下の部下たちの価値観を理解していますか?価値観が違う相手に自分の価値観で話しても何も伝わりませんよ。

  • 20代から30代前半
  • 30代後半から40代前半
  • 40代後半から60代
  • 70代以上

この世代間の価値観は見事に違います。

70代以上については、ここでは詳しく触れませんが、価値観の中心は、「物」です。

40代後半から60代の価値観の中心は、「お金」です。高度経済成長期の恩恵を見事に受けた世代です。

20代から30代前半は、豊かな生活の中、お金も物もあり豊かな時代に育った彼らの欲しいものは物でもお金でもありません。

彼らの価値観の中心は「生きがい」とか「やりがい」という内面的なものなのです。物やお金では動かないのです。ですから、生きがいややりがいが見つけられないと直ぐに仕事もやめてしまいます。彼らなりにもがいているのです。

この世代間の価値観の違いを理解したうえで、話をしないと何も伝わらなくなります。

『俺の若い頃はナー』なんて世代の違う相手に行っても「だからなに?」となるだけですよ。

レジリエンスの考え方からすると、相手も時代も変化していることに気が付かない会社は必ず潰れます。生き残っている会社というのは変化に対応してきた会社です。最も有名なのは、トヨタですよね。なんたってはじめは紡績工場ですから。それが今では世界のトヨタ自動車です。トヨタは時代の変化に上手く対応してきた会社なのです。

これは人についても同じことが言えるのです。

人は変えられないことを理解しよう

人は変えられません。自分から変わろうとしない限り人は変わらないのです。当たり前のことですが、案外理解されていません。

人間関係の軋轢の多くは、ここの理解ができていないことからくるものです。

自分の意見や主張を押し通し、相手を従わせしょうとしたり、自分と意見の違う人を批難したりする原因は、殆どが、相手を変えようとして変わらないときに起きてしまいます。

でも、相手が変わろう、変わりたいと思えるようなきっかけは作ることができます。そして、それが責任ある立場にいるあなたの仕事です。

では、そのためには何をしたらいいかと言うと、簡単です。

あなたが変わるのです。

相手を変えようとするのではなく自分の考え方の間違いに気づき、自分が変わることです。今まで「話せば分かる」と自分の考えを押し付けていたのを、相手の価値観を理解し、伝わるように言葉を工夫し話しをすればいいのです。

自分を知り、変化を促す理由を語ろう

 

あなたは、なぜ「モチベーションの上がらない人」や「自分の思っているように動かない人」に変わってもらいたいのですか?考えたことはありますか?

まず自分のことをもう少し知りましょう。レジリエンス的な考え方をすると、ここが問題解決の第1歩です。

多分、「事業成績が落ちるから」とか「同じ職場の仲間から批判があるから」とかではないですか?実は、これって余計に仕事が嫌になる原因を作っていることになりますよ。

どういうことかと言うと、「成績を上げることで自分(あなた)の評価を上げるために言ってんでしょ」、「何だ、結局は自分の評価を上げるために僕たちの尻を叩くのね」と相手は思うからです。

責任ある立場にある人のやるべきことは、相手の価値観にそった工夫した言葉を使って、相手の価値感を満足させ、喜びとなるような目標を伝えるべきなのです。そうすることによって、お互いの信頼関係も強くなり、結局は業績も上がっていくということになります。

まとめ

「部下が自分の思っているように動かない」、「部下にやる気がない」と思ったときに責任ある立場の人がやるべきことは、結局は信頼関係を作るということなんです。

自分の評価を上げるために頑張れと言っても誰も動きませんよね。そうでなく、相手の価値観を満足させるような言葉を工夫し伝え、変化を促し喜んでもらうこと。

これが責任ある立場のあなたが最もやらなければならないことです。

 

 

 

今は、優秀な人材を確保するのが難しい時代です。また、社員研修をしっかり計画しないと、せっかく入社した人材も「やりがい」を感じることなくどんどん離職していきます。

研修に力を入れないために、離職率が高い状態というのは、言ってみれば、お風呂の栓をしないでお湯を入れている状態です。もったいないですよね。

あなたの職場はそんな職場ではないですか?

もし、職員研修をお考えならぜひ連絡をください。

教育経験豊富なレジリエンストレーナーが、あなたの職場にあった研修をご提案いたします。

 

関連記事

  1. 衝撃!中高年男性月曜の朝が危険!ブルーマンデーにストレス限界…

  2. 人生で迷ったときの対処法

  3. ストレスフルな毎日を快適に過ごす方法

  4. 働き方改革は中小企業が主役 働きがいのある会社を作ろう!! …

  5. あなたならどうする?思考の癖を見直して心を健康に!

  6. 『ジョジョ・ラビット』公式サイトから掲載

    困難な中にあっても笑いは生きる喜びを与えてくれる!

心の整体 無料メール講座

 

 

ストレス社会で毎日貯まるいっぽうの心の疲れ。

 

そんなストレスから開放される方法をお伝えしています。

 

興味のある方は気軽にお申し込みください。

 

 

ちょっと覗いてみる?

 

一日の疲れを瞑想でリフレッシュ

 

 

札幌市東札幌にて、夕方6時30分から開催中です。

 

会社・買い物帰りに気軽に立ち寄って、

今注目のマインドフルネス瞑想を体験して

みませんか?

 

詳しくはこちらをクリック

朝活学習会In札幌情報

 

 

次回の第41回朝活学習会は
12月20日(日)
9:00~

詳しくはこちらから

 

研究所通信を読む

研究所通信は、週2回発行されています。

 

どなたでも無料で読むことができます。

 

ブログでは書ききれなかったことや
特別支援教育やレジリエンス教育に
関する新しい情報が載っています。

 

通信を読んでみる

 

通信が、迷惑メールに入って

いないか確認してね。

 

LINE公式アカウント

 

気軽に登録して、いろいろ質問してみてください。いろいろな情報も届きます。

 

友だち追加

最近の記事

人気の記事 おすすめ記事

代表ツイッター

PAGE TOP