新生活のストレス~五月病の心理的原因を深掘りする

ゴールデンウェークが終わり、無事職場復帰はできていますか?

前回も書きましたが、5月はもう一つ気をつけてほしいことがあります。

そう「五月病」です。


こんにちは、ハーバード大学流心理学で心と脳をポジティブに整える専門家の長沢です。

今日、新しい気付きや心動くこと見つけましたか?

自分の強みを生かしながら、モチベーション高く、前向きに、そして、ワクワクしながら、自分で考え行動し、ポジティブで健康な心で生きられるようにサポートしています。


五月病とは、主に日本で見られる季節性の心理的・精神的な症状を指す言葉で、新学期や新年度が始まる4月から5月にかけて発生しやすいとされてるんですよ。

具体的には、春の新生活を迎えた直後に感じる疲労感や意欲の低下、無気力状態などが特徴です。

新しい環境への適応に伴うストレスや期待外れが原因となり、特に学生や新社会人に多く見られます。

一般的な誤解としては、「五月病は怠けるための言い訳だ」というものがありますが、これは誤りです。

実際には適応障害の一種として真剣に取り組む必要がある問題です。また、五月病が必ずしも「5月」に限定されるわけではなく、状況によってはその他の時期にも類似の症状が現れることがあります。

今日は五月病を深堀りすることでその予防や対処法を考えていきます。

ではどうぞ!

五月病を知ることの重要性

五月病をちゃんと知ることはとても大切なんです。

その理由は、五月病をただの怠けや言い訳として扱わず、適切な対策や理解を促すことにあります。

早期に適切な対応を行うことで、より深刻な精神的、身体的健康問題への悪化を防ぐことができます。

五月病の症状

五月病の症状は多岐にわたり、精神的なものから身体的なものまで様々です。

精神的症状としては、やる気が出ない、無気力感、不安感、抑うつ気分などが挙げられます。

身体的には、よく眠れない、朝起きられない、倦怠感、食欲不振、頭痛、胃腸の不調などが一般的です。

これらの症状は、新しい生活環境への適応が求められる時期に特に顕著に現れ、個人の生活に大きな影響を与えることがあります。

五月病は日本特有?

五月病は日本特有の現象として知られていますが、他国にも類似の状況が存在します。

例えば、西洋における「ブルーマンデー」(一月の第三月曜日)は、休日明けの憂鬱を表す言葉として用いられ、これも季節や特定の時期に関連した精神的な健康問題を示します。

また、学期の始まりや新しい職場でのストレスに関連した精神的不調は、多くの国で共通して報告されています。

これらの現象は、日本の五月病と同様に、新しい生活サイクルの始まりに伴うストレスが原因であると考えられています。

文化的な背景や社会的な期待が異なるため、表現の仕方や具体的な症状には差がありますが、根本的な原因は類似していると言えます。

五月病のような季節性の心理的不調は、多くの国で異なる名前や形で存在し、それぞれの社会がこれをどう認識し、対応しているかが重要です。

五月病の心理的要因

五月病における心理的要因の中で、新生活のプレッシャーと期待は重要な役割を果たします。

特に日本の文化において、新学年や新しい職場でのスタートは、高い期待と共に大きなストレスをもたらすことがあります。

これには、新しい環境への適応、人間関係の構築、職務の責任の増大などが含まれます。

新生活のスタートは、個人が自己実現と成長を求める機会となり得ますが、過度のプレッシャーは不安やストレスを引き起こし、これが五月病の原因となることがあります。

新しい役割に対する不安や、期待される成果を出せるかどうかの心配が精神的負担となり、五月病の発生につながることが多いです。

社会的な孤立感

五月病に関連する重要な心理的要因の一つは、社会的孤立感です。

新しい環境において、個人が適切に社交活動を行えず、孤立無援の状態になることがあります。

この孤立感は、新社会人や新入生が特に経験しやすい状況です。

実は、コロナ禍の影響で増加した社会的距離が、この問題をさらに悪化させることが指摘されているんです。

社会的孤立は、不安やうつ病のリスクを高める要因となります。

孤独感が持続することで、自己価値感の低下や希望の喪失感を感じるようになり、これが五月病の症状を引き起こすことがあります。

社会的サポートの不足は精神的な健康に大きな影響を与えるため、新しい生活環境においては積極的なコミュニケーションと関係構築が非常に重要です。

職場や学校での役割変化

五月病の心理的要因として、職場や学校での役割変化が大きく影響します。

新年度や新学期の始まりは、多くの人々にとって新しい役割や責任を伴います。

例えば、新入社員が職場での初めての役割を担うことや、昇進による新たな職務への適応が求められます。また、学生にとっては新しいクラスや教育プログラム、部活動など新しい社会的環境への適応が必要となります。

これらの変化は、ストレスの原因となることが多く、個人が過剰なプレッシャーを感じることがあります。

特に、期待される成果を出すことへの不安や、新しい環境での人間関係の構築がストレスにつながることがあります。

適応障害の一形態として、このような心理的なプレッシャーは五月病の症状を引き起こす可能性があります。

五月病の対策と予防

それではこの五月病に対する対策や予防というのはどのようなものなのかということについて書いていきますね。

今日は、ストレスマネジメントという観点からいくつかのことを書きたいと思います。

ストレスマネジメントのテクニックは、ストレスを効果的に管理し、精神的および身体的健康を維持するための重要な手段なんですよ。

テクニック1.セルフケアの強化
日常生活で定期的にリラクゼーションタイムを設け、趣味や運動に積極的に取り組むこと。
これにより、ストレス耐性が向上します。

テクニック2.環境改善
職場や自宅の環境を整えることで、ストレスを感じにくくなります。
例えば、職場のデスク周りを整理整頓することで、作業効率が上がり、ストレスの軽減につながります。

テクニック3.コミュニケーションの向上
定期的に家族や友人、同僚とのコミュニケーションを取ることで、ストレスが軽減されます。
また、悩み事を共有することで解決策が見えてくることもあります。

テクニック4.ストレス認識と対処法の学習
自分のストレスのサインを理解し、それに対処する具体的な方法を学ぶ。
ストレスの予防や対処法を学ぶことで、ストレスを感じた際に冷静に対応できるようになります。

これらのテクニックを日常生活に取り入れることで、ストレスに対する耐性を高め、五月病などの季節性の心身の不調を予防することが可能です。

健康的な生活習慣の重要性

病気の予防と全体的な健康増進において極めて大きな役割を果たすのが健康的な生活習慣です。

例えば、

適度な運動
定期的な身体活動は、心臓病、糖尿病、肥満、およびうつ病など多くの生活習慣病のリスクを低減するといわれていますよね。

バランスの取れた食事
栄養バランスのとれた食事は、体の機能を最適に保ち、免疫力を強化します。
特に、野菜、果物、全粒穀物、たんぱく質源を適切に組み合わせることが大切です。

十分な睡眠
良質な睡眠は、心理的ストレスの管理、体重管理、および全体的な健康維持に必要です。

ストレスの管理
ストレスを効果的に管理することは、精神的、身体的健康を維持するために重要です。
リラクゼーション技法や趣味を通じて、日常生活のストレスを軽減することが大切になります。

まとめ

ゴールデンウェークが終わりちょっと気持ち的に憂うつ感を感を抱えている人も多いと思います。

その気持を抱えたままにしていると、もっと怖いことが待っているかも!と少し過激なことを書いたかもしれません。

でも気持ちの問題ということをあまり簡単に考えないでほしいということをお伝えしたかったんですよね。

決して怠けたいわけではないということを周りが理解することも含め、五月病についてしっかりと認識してくださいね。

そして、十分な理解を深め予防と対策をして五月病を乗り切ってくださいね。

それではま。

 

関連記事

  1. たった3分でできる超簡単ストレス解消法

  2. 人間関係の行き詰まりを解消する方法

  3. 人間関係のストレスを簡単に減らす方法

  4. ストレスがたまっている?ストレスから回復し心が折れにくくなる…

  5. ネガティブな思考を克服しストレスから解放される方法

  6. 不安や悩みからの開放は思い込みを捨てることから

朝活学習会In札幌情報

 

 

次回の第64回朝活学習会は
未定(日)
9:00~

詳しくはこちらから

 

研究所通信を読む

研究所通信は、週2回発行されています。

 

どなたでも無料で読むことができます。

 

ブログでは書ききれなかったことや
特別支援教育やレジリエンス教育に
関する新しい情報が載っています。

 

通信を読んでみる

 

通信が、迷惑メールに入って

いないか確認してね。

 

LINE公式アカウント

 

気軽に登録して、いろいろ質問してみてください。いろいろな情報も届きます。

 

友だち追加

最近の記事

人気の記事 おすすめ記事

代表ツイッター

PAGE TOP