君は、もう映画『新聞記者』を観たか!?

先日、『同調圧力』という本のおすすめ記事を書きました。

記事はこちら→

その本の執筆者の1人である望月衣塑子さんの著書『新聞記者』が映画になったので、観てきました。これは、絶対におすすめだ!と思ったので、今日は「君は映画『新聞記者』をみたか!?」というタイトルで記事を書きました。

特別支援とレジリエンス関係以外の映画は、通信ではお知らせするので、このサイトで書くことはほとんどないのですが、本当におすすめしたい映画なので 少しジャンルは違いますが書いていきたいと思います。

映画「新聞記者」ってこんな感じの映画

公式サイトから

あらすじ(公式サイトから引用)

東都新聞記者・吉岡(シム・ウンギョン)のもとに、大学新設計画に関する極秘情報が匿名でFAXで届いた。日本人の父と韓国人の母のもとアメリカで育ち、ある思いを秘めて日本の新聞社で働いている彼女は、真相を究明すべく調査をはじめる。

一方、内閣情報調査室官僚・杉原(松坂桃李)は葛藤していた。「国民に尽くす」という信念とは裏腹に、与えられた任務は現政権に不都合なニュースのコントロール。愛する妻の出産が迫ったある日彼は、久々に尊敬する昔の上司・神埼と再開するのだが、その数日後、神崎はビルの屋上から身を投げてしまう。

真実に迫ろうともがく若き新聞記者。「闇」の存在に気付き、選択を迫られるエリート官僚。

二人の人生が交差するとき、衝撃の事実が明らかになる!

現在進行形のさまざまな問題をダイレクトに射抜く、これまでの日本映画にない新たな社会はエンタテイメント!あなたは、この映画を、信じられるかー?

いろいろな人がコメントしているので2人載せますね。(公式サイトから引用)

是枝裕和(映画監督)
これは、新聞記者という職業についての映画ではない。
人が、この時代に、保身を超えて持つべき矜持についての映画だ。

松尾貴史(俳優)

必見。物語はオリジナルだが、登場する事象はそれぞれがリアルで戸惑うほどだ。
今観ないと必ず後に強い後悔にさいなまれる。
現在の日本の、重い病の自覚症状を得るだけでもすこぶる大きな意味がある。

まだまだ、たくさんのコメントが寄せられています。それだけ反響があるということですよね。

出演

シム・ウンギョン・松坂桃李・高橋和也・北村有起哉・田中哲司・本田翼他

監督

藤井道人

制作

2019「新聞記者」フィルムパートナーズ

きっと誰もが信じたくはないけれど、あり得るよなと実は思っている

公式サイトから

毎日が重苦しく、なんとなく閉塞感がある感覚を感じませんか?

毎日一生懸命働いているのに、先が見えない不安感はありませんあか?

正直に言いますね。

僕は、漠然とですが、毎日こんな感覚をもって生活をしている感じなんですよね。それが、この映画は、無駄だと思わされていたり、その結果、無気力になっている自分とその原因に気づかせてくれます。

この映画は、みんなが、きっとあるよなと思いながらも、あってはならない、信じたくない現実が、今の社会と自分達を無気力にしていることを突きつけてきます。

映画を見終わった後に感じた怖さ

公式サイトから

映画を見た後、久しぶりに怖いなと感じました。今多くの新聞社やテレビ局などが萎縮し、真実を伝えられなくなっている理由がよく分かるよな~。確かに強いものに巻かれたほうが楽だし~。でも、それでも、それにあがなう人達がいることを忘れてはならないなと思いました。

毎日が重苦しく感じたり閉塞感を感じているあなたにお勧めします

公式サイトから

ぜひ、あなたにこの映画「新聞記者」を観てほしいと思い、おすすめします。

あなたが感じている重苦しさ、閉塞感や不安は間違ってなんかいないですよ。社会全体を覆う同調圧力によって、あなたがおかしいなと感じる感情まで圧力がかかっているんです。この映画を観て、スッキリしてください。

まとめ

公式サイトから

久しぶりに、多くの人に勧めたい映画を観ました。

今日は、「君は映画『新聞記者』をみたか!?」というタイトルで記事を書きました。このサイトでは、特別支援や、レジリエンスに関する映画や本を紹介してきましたが、今回は趣旨を変えてこの映画をおすすめします。

それだけ、僕の中にも不安や閉塞感が強くなているからかもしれませんね。

最後に、この記事で使っている画像は、全て公式サイトからの引用です。

関連記事

  1. 人工呼吸器と共に幸せな人生を生きた男の物語 『ブレスしあわせ…

  2. 『奇跡の子どもたち』

  3. 映画『12か月の未来図』を観て考えた 人間関係の悩みと解決法…

  4. 『ぼくと魔法の言葉たち』

  5. 大人の愛着障害の症状や治療法がよく分かる!映画『母さんがどん…

  6. 『500ページの夢の束』は自閉症の女性が主役の映画 キーワー…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

心の整体 無料メール講座

 

 

ストレス社会で毎日貯まるいっぽうの心の疲れ。

 

そんなストレスから開放される方法をお伝えしています。

 

興味のある方は気軽にお申し込みください。

 

 

ちょっと覗いてみる?

 

一日の疲れを瞑想でリフレッシュ

 

 

札幌市東札幌にて、夕方6時30分から開催中です。

 

会社・買い物帰りに気軽に立ち寄って、

今注目のマインドフルネス瞑想を体験して

みませんか?

 

詳しくはこちらをクリック

朝活学習会In札幌情報

 

 

次回の第32回朝活学習会は
2019年10月27日(日)です。

 

詳しくはこちらから

 

研究所通信を読む

研究所通信は、週2回発行されています。

 

どなたでも無料で読むことができます。

 

ブログでは書ききれなかったことや
特別支援教育やレジリエンス教育に
関する新しい情報が載っています。

 

通信を読んでみる

 

通信が、迷惑メールに入って

いないか確認してね。

 

LINE公式アカウント

 

気軽に登録して、いろいろ質問してみてください。いろいろな情報も届きます。

 

友だち追加

最近の記事

人気の記事 おすすめ記事

代表ツイッター

PAGE TOP