『呼吸器の子』~特別支援教育/重症心身障害児

『呼吸器の子』

松永 正訓 著

現代書館

2017.6.20発行

今僕が担当している子どもたちはも重症心身障害の子どもたちです。

その中には呼吸器をつけている子どももいます。

この子たちのことがもっと知りたくて、購入しました。

まずは、著者の「あとがき」の一部を読んで下さい。

少し長い引用となります。

相模原障害者施設殺傷事件のあとに「障害者は死んでくれたほうがいい」という

フレーズが残響のように世の中にくすぶると、新しい差別の芽が生まれるのでは

ないかと私は不安を持つ。この犯人は「障害者は不幸を作ることしかできない」

とも言っている。だからこそ、凌雅君の物語を世に問いたい。最重症の障害児がど

う生きているのか、家族がどうやって楽しい毎日を過ごすことができるようになっ

たのかを多くの人に知っていただきたい。本書そのものが、相模原事件の被害者に

対する鎮魂と、世間に漂う障害者への無理解に対するとらえ直しの機会になってほ

しいと私は願ってる。

 

2016年7月26日に起きた最悪の事件、相模原事件。

あの事件からまだほんの1年ちょっとしかたっていないこの時期に明るみになった、

まさに優生思想ともいえる旧優生保護法の下での知的障害者などの方たちに対する不妊手術の強硬。

 

 

僕が担当している子どもたちは、明るい。お母さんたちも明るい。

きっとここまでくるには、たくさんの苦労もあっただろうし、

心無い人たちの視線や言葉と戦い、傷ついてきたと思います。

でも明るい!

子どもたちとそのお母さんたちといると、僕も楽しい。

いつも子どもたちの周りは笑顔が溢れています。

 

 

 

関連記事

  1. 栗原類の母親、栗原泉さんが本を出した ぶれない子育て8つのマ…

  2. 価値を見いだせる能力がある人間か・ない人間か それが問題だ!…

  3. 新型コロナによる不安やストレスを軽減するためにできる心のリセ…

  4. 『たんぽぽ団地のひみつ』は特別支援教育マインドにあふれていま…

  5. 日々の息苦しさの原因は『同調圧力』!息苦しさから自由になるた…

  6. 子供の貧困の現状をルポ!「レールをこぼれた子供」の現場最前線…

心の整体 無料メール講座

 

 

ストレス社会で毎日貯まるいっぽうの心の疲れ。

 

そんなストレスから開放される方法をお伝えしています。

 

興味のある方は気軽にお申し込みください。

 

 

ちょっと覗いてみる?

 

一日の疲れを瞑想でリフレッシュ

 

 

札幌市東札幌にて、夕方6時30分から開催中です。

 

会社・買い物帰りに気軽に立ち寄って、

今注目のマインドフルネス瞑想を体験して

みませんか?

 

詳しくはこちらをクリック

朝活学習会In札幌情報

 

 

次回の第38回朝活学習会は
9月20日(日)
9:00~

詳しくはこちらから

 

研究所通信を読む

研究所通信は、週2回発行されています。

 

どなたでも無料で読むことができます。

 

ブログでは書ききれなかったことや
特別支援教育やレジリエンス教育に
関する新しい情報が載っています。

 

通信を読んでみる

 

通信が、迷惑メールに入って

いないか確認してね。

 

LINE公式アカウント

 

気軽に登録して、いろいろ質問してみてください。いろいろな情報も届きます。

 

友だち追加

最近の記事

人気の記事 おすすめ記事

代表ツイッター

PAGE TOP