教員の悩み相談を承る【ホープ】

教員の悩み相談を承る【ホープ】

北海道にある【ホープ】は、特別支援学級・特別支援学校に在籍する教員の悩み相談に対応しています。特別支援教育では、障害を抱えた生徒を指導するための専門的な知識が求められます。

また、障害の特性に加えて、生徒の性格によっても適切な指導や対応が異なるものです。そのため、自分が担当する児童の障害の特性を理解した上で、臨機応変かつ柔軟な対応を行う必要があります。

【ホープ】では、特別支援学校で30年以上勤務してきた経験を活かし、教員の悩み相談に真摯に対応しています。状況やお悩みに応じて、教員一人ひとりのレジリエンスを高めながら、子供に寄り添う支援者となれるようサポートいたします。悩み相談を承る他、セミナー・研修、オンライン講座も実施していますので、ぜひご活用ください。

通級学級・特別支援学級・特別支援学校とは

通級学級・特別支援学級・特別支援学校とは

大切な子供の将来を考える最初のハードルが就学です。就学先には通常学級の他に、通級学級・特別支援学級・特別支援学校があります。

通級学級

通級学級とは小・中学校の通常学級に在籍しながら、子供たちの特性に合った指導を行う学級です。通級学級の指導の対象となるのは、一部の指導に特別な支援が必要な子供たちとなります。

通級による指導を受ける子供たちは、例えば体育や給食の時間は通常学級で過ごし、通級による指導の時間は専用の指導教室に移動します。そこで、それぞれの悩みや課題に合わせた支援・指導を受けることが可能です。

特別支援学級

特別支援学級とは、小・中学校において障害のある子供それぞれに合わせた教育を行うために、障害種別ごとに編成された少人数の学級です。特別支援学級は障害種別ごとに、知的障害、肢体不自由、病弱・身体虚弱、弱視、難聴、言語障害、自閉症・情緒障害などがあります。

特別支援学校

特別支援学校は、心身に障害を抱えた児童・生徒の自立を促すために、必要な教育を受けることができる教室です。基本的には幼稚園、小学校、中学校または高等学校に準じた教育に加え、一人ひとりの障害に対応した教育を行います。

教員の悩み相談ができる【ホープ】

事業者名 子どもの教育と生活研究所 hope
代表責任者 長沢 修司(教育研究家 レジリエンストレーニング専門家)
住所 〒003-0001 北海道札幌市白石区東札幌1条2丁目2−16 オピスビル札幌
電話番号 090-5223-9286
電話受付時間 9:00~17:00
公開メールアドレス info@map-of-hope.com
ホームページURL https://map-of-hope.com

心の整体 無料メール講座

 

 

ストレス社会で毎日貯まるいっぽうの心の疲れ。

 

そんなストレスから開放される方法をお伝えしています。

 

興味のある方は気軽にお申し込みください。

 

 

ちょっと覗いてみる?

 

一日の疲れを瞑想でリフレッシュ

 

 

札幌市東札幌にて、夕方6時30分から開催中です。

 

会社・買い物帰りに気軽に立ち寄って、

今注目のマインドフルネス瞑想を体験して

みませんか?

 

詳しくはこちらをクリック

朝活学習会In札幌情報

 

 

次回の第38回朝活学習会は
9月20日(日)
9:00~

詳しくはこちらから

 

研究所通信を読む

研究所通信は、週2回発行されています。

 

どなたでも無料で読むことができます。

 

ブログでは書ききれなかったことや
特別支援教育やレジリエンス教育に
関する新しい情報が載っています。

 

通信を読んでみる

 

通信が、迷惑メールに入って

いないか確認してね。

 

LINE公式アカウント

 

気軽に登録して、いろいろ質問してみてください。いろいろな情報も届きます。

 

友だち追加

最近の記事

人気の記事 おすすめ記事

代表ツイッター

PAGE TOP